春夏はニキビができる。紫外線ニキビ跡。洗顔は水道水でいい

春夏はニキビができる。紫外線ニキビ跡。洗顔は水道水でいい

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

 

 

 

■季節によって、ニキビができやすくなる

 

 

日本には四季があり、それぞれに気候が違います。

 

そのため、皮膚は気候の変化に適応するため、
それぞれの季節ごとに、違った反応を見せるわけですね。

 

 

皮脂が出やすく、ニキビができやすくなる季節は
「春」「夏」です。

 

 

春になって気温が上がると、新陳代謝が活発になり、
皮脂の分泌量が増えます。

 

 

夏になると、汗の量も増えるので、
汗をかいてそのままにしておくと、汗に含まれる塩分や老廃物が
ニキビの原因になります。

 

 

ですから、夏に汗をかいたら、洗顔して汗を流しましょう。

 

ただこの時、洗浄力の強い洗顔料で、1日に何度も洗顔してしまうと、
皮脂が無くなってしまい、肌が乾燥します。

 

そしてその後、過剰な皮脂が分泌されて、余計、脂ぎった顔になりますので、
市販の洗浄力の強い洗顔料は、避けた方がいいでしょう。

 

 

 

また、夏に怖いのが、「紫外線」です。

 

ニキビに紫外線が当たると、「ニキビ痕」になるリスクが高くなります。

 

つまり、ニキビを太陽の光に当てると、跡が残ることがある、ということですね。

 

 

紫外線については、ニキビ痕だけでなく、
シミ・シワ・ほうれい線・たるみなど、あらゆる肌老化を促進してしまいます。

 

 

夏は紫外線をなるべく浴びないように、
帽子やUVカットの化粧品などでケアしてください。

 

 

ただし、厚化粧は皮膚呼吸を妨げ、
肌荒れの原因になりますので、ほどほどに^^

 

 

 

◎逆に、秋と冬は、空気が乾燥し、乾燥肌になります。

 

乾燥肌は、角質が厚くなってガサガサ肌になり、毛穴が詰まりやすくなるので、
化粧水での保湿が必須となります。

 

 

ニキビが目立つ場合は、ニキビ肌専用の化粧水が望ましいです。

 

 

 

■洗顔は水道水でいいのか?

 

 

書籍などには、洗顔も飲料水と同じように、
「煮沸したお湯を冷まして顔を洗う」と書いてあったりしますが、
私はそこまではしなくて良いと思っています^^;

 

 

顔を洗うのに、浄水を使うというのは、忙しい現代人にはちょっとムリですよね。

 

 

そこまで徹底できれば、確かにニキビ改善には効果的ですが、
それよりも、もっと根源的な

 

・睡眠時間の確保(7時間以上)

 

・和食を腹八分

 

 

この2点をまずしっかりと意識することが重要です。

 

 

上記の2つを守って、さらに浄水で顔を洗うなら、効果的ですが、
寝不足の状態で、浄水で顔を洗っても、意味がないということです^^

 

 

 

最近は、ニキビ対策の方法も、いろんな本が出ていて、何がいいのかわからなくなっている人も多いです。
常に、本質を考え、枝葉末節の些事にとらわれないようにしてください。

 

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング