長引くニキビを治す化粧水薬【リプロスキン】タバコはニキビの原因。ファーストフード・洋食・欧米食・肉油・牛肉

長引くニキビを治す化粧水薬【リプロスキン】タバコはニキビの原因。ファーストフード・洋食・欧米食・肉油・牛肉

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

 

 

 

■タバコはニキビができやすくなる

 

 

肌を美しく保つのに必要な栄養素である、ビタミンCは、
喫煙によって、消費されてしまいます。

 

 

せっかくビタミンCを摂取しても、タバコを吸うと、無かったことにされてしまうんですね^^;

 

 

これは、タバコを吸わない人でも、「伏流煙」によって、ビタミンCが消費されてしまいます。

 

ですので、タバコが身近にある人は、ビタミンCを多めに摂った方が、
ニキビはできにくくなるでしょう。

 

 

 

ただ、フルーツを食べすぎると、体が冷えて逆効果なので、
サプリメントや、健康茶などがオススメです^^

 

 

 

■洋食はニキビができやすくなる

 

 

日本人のニキビ患者は、年々、増加傾向にあります。

 

化粧品も洗顔フォームも進化しているのに、なぜニキビ患者が増えるのか?

 

 

それは、「食生活の欧米化」が原因のひとつです。

 

タカトシは、「欧米かっ!」でブレイクしましたが、
ニキビに悩む人は、欧米はダメです^^;

 

 

 

なぜ欧米食がダメかと言うと、

 

「肉と油が多いから」です。

 

 

肉と油ばっかり食べてたら、ニキビができて当たり前。

 

血中の脂質が増えれば、皮脂の量も当然に増えるので、
顔が脂ぎって、毛穴が詰まり、ニキビができやすくなります。

 

 

昭和の日本人は、和食中心だったので、ニキビは少なかったのですね。

 

 

 

ということで、ニキビを治すには、

 

「肉と油ではなく、お米をエネルギー源とする」
ことが大切です。

 

 

玄米なら栄養があるので、大丈夫ですが、
白米だけでは、他の栄養素が不足するので、
おかずで補充します。

 

 

タンパク質→ 大豆製品(納豆・トウフなど)か、魚でOK

 

野菜→ 煮物か、おひたしでOK

 

塩分・海藻→ みそ汁でOK

 

 

 

このように、質素な日本食は、ニキビを治すには最適な食事です。

 

ニキビだけでなく、美肌、薄毛改善、健康増進にも
和食のパワーは優れています。

 

 

 

ファミレスや、コンビニ弁当を買う時は、
なるべく和食のものを選びましょう。

 

 

ファーストフードは、油と肉しかないので、やめた方がいいです。

 

油も使い回しなので、油の質が悪く、体に良くないです。

 

 

モスバーガーは良い方ですが、頻繁に食べるのは避けたほうがいいでしょう。

 

 

 

■牛肉はニキビができやすくなる

 

 

肉の中でも、最もニキビができやすくなるのが、「牛肉」です。

 

ニキビだけでなく、体によろしくないので、牛肉はなるべく避けた方がいいです。

 

 

特に、「牛肉の油」がダメ。

 

霜降り牛が最悪です^^;

 

 

おいしいのはわかるんですけどねー。

 

肌には悪いのです。

 

 

肉は、鶏肉がベター。

 

次に豚肉ですね。

 

 

ヘルシーな鶏肉を中心にしましょう^^

 

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング