リプロスキンのメリットとデメリット〜長引くニキビ・ニキビ跡を治す化粧品のレビュー。保湿化粧水

リプロスキンのメリットとデメリット〜長引くニキビ・ニキビ跡を治す化粧品のレビュー。保湿化粧水

長引くニキビや、ニキビ跡を治す化粧品【リプロスキン】公式ホームページはこちら


 

 

 

リプロスキンのメリットとデメリット

 

 

■「長引くニキビ」や、「ニキビ跡」を治すには、リプロスキンがオススメであると、私は当サイトで書いてきました。

 

本日は、そんなリプロスキンの、詳しいメリットとデメリットについて書いてみたいと思います。

 

 

 

■リプロスキンは、簡単に言えば「化粧水」です。

 

市販のニキビ薬などとは違い、炎症を抑えるための薬ではなく、

 

「弱った肌を元気に復活させる化粧水」

 

というイメージですね。

 

 

 

■私が市販のニキビ薬より、リプロスキンをお勧めするのは、市販のニキビ薬は「対症療法的」だからです。

 

つまり、市販のニキビ薬というのは、「炎症を抑える薬」であり、ニキビを治す薬ではないと考えるからです。

 

 

 

■結局のところ、ニキビを治すのは、「自分自身の免疫力」になります。

 

薬はニキビを治してくれない。

 

ましてや、長引くニキビになってしまえば、これは自分の肌のターンオーバーによって治すしかないわけです。

 

 

 

■ドラッグストアで売っているニキビ薬は、ニキビの炎症を抑え、一時的に赤みを取るという効果はありますが、肌を元気に回復させたり、新しいニキビを予防したりすることはできないわけです。

 

 

新しいニキビを防ぐためには、肌そのものを元気にしなければなりません。

 

 

 

■また、長引くニキビやニキビ跡を改善するためには、ゴワゴワした肌に潤いを与えることが必須になります。

 

肌がゴワゴワしたり、乾燥していると、化粧水が浸透していかず、常に乾燥した肌になってしまうわけです。

 

 

 

■リプロスキンのメリットは、ゴワゴワの肌を、潤いのある肌に変化させていくことができる点です。

 

これによって、リプロスキンに含まれている保湿成分が、スムーズに肌に浸透していって、潤いのある元気な肌に復活するわけですね。

 

 

 

■肌は乾燥していると、保湿成分が浸透していかず、ニキビが治りにくくなってしまいます。

 

また、ゴワゴワの肌は、新しいニキビもできやすくなってしまいます。

 

 

リプロスキンのメリットは、

 

 

「長引くニキビを治す効果がある」

 

「ニキビ跡を治す効果がある」

 

「新しいニキビができにくくなる効果がある」

 

 

という感じになります。

 

 

 

■逆に、リプロスキンのデメリットは何でしょうか。

 

私がリプロスキンを使っていて、デメリットはあまり感じないのですが、やはりリプロスキンは化粧水なので、ニキビ薬のように「速攻で炎症を抑える」という効果はないです。

 

 

なので、「ニキビの赤みを今だけ抑えたい」という場合には、リプロスキンは不向きとなります。

 

 

 

■逆に、「肌を元気にして、長引くニキビを治したり、ニキビができにくい肌にしたい!」

 

というときには、リプロスキンは非常に効果的な化粧品といえます。
  ↓
長引くニキビや、ニキビ跡を治す化粧品【リプロスキン】公式ホームページはこちら


ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング