ニキビが良くなる化粧水薬【リプロスキン】便秘がニキビの原因。ニキビを触るとニキビ痕に。市販のニキビ薬の欠点

ニキビが良くなる化粧水薬【リプロスキン】便秘がニキビの原因。ニキビを触るとニキビ痕に。市販のニキビ薬の欠点

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

 

 

 

■便秘がニキビの原因

 

 

便秘をすると、高確率でニキビができます。

 

これは、腸内にたまった便から、毒ガスが発生して、体内をめぐるからです。

 

 

体内をめぐった毒素は、出口を求めて、毛穴から出てくる。

 

その際に、毛穴が炎症してニキビになります。

 

 

ですので、同じニキビでも、
「皮脂が詰まって炎症したニキビ」と
「便秘の毒素で炎症したニキビ」は、
別物ということですね。

 

 

 

いずれにせよ、便秘をするとニキビができますので、
便秘をシないようにしましょう。

 

 

まず第一は、「しっかり眠ること!」です。

 

 

寝不足→便秘→ニキビ

 

この悪循環にハマっている人は、かなり多いのです。

 

 

ニキビを治したいなら、寝不足は絶対にしないことです。

 

しっかり眠れば、便秘もニキビも良くなっていきますよ^^

 

 

 

■ニキビを触るのはニキビ痕が残る原因になる

 

 

ニキビは絶対に触ってはダメです。

 

クレーター状の凹みが残ってしまったり、色素沈着してシミになったりします。

 

 

たしかに、ニキビはカッコ悪いものですから、
手で触ってつぶしたり、水や洗顔フォームでこすって消したくなりますが、
ニキビ痕が残ると、消すのが大変なので、
「ニキビは触らないこと!」ですね。

 

 

もし、ニキビ痕が残ってしまったら、早めにニキビ痕専用の化粧品でケアした方が、
ニキビ痕を消せる確率は高くなります。

 

 

当サイトでも、ニキビ痕を消す化粧品を掲載していますので、参考にしてください。

 

 

 

■市販のニキビ薬の欠点

 

 

市販のニキビ薬の多くは、すでにあるニキビの炎症は抑えられますが、
その一方で、肌を乾燥させてしまうことが多く、
肌が乾燥すれば、角質が厚くなってしまうため、ゴワゴワした肌になったり、
新しいニキビができやすくなったりすることがあります。

 

 

 

もし、市販のニキビ薬を使って、このような肌の違和感を感じるなら、
その薬は肌に合っていないので、使用頻度を少し減らして、
生活習慣を改善すると共に、保湿を重視したスキンケアをしてみてください。

 

 

ニキビ薬に限らず、薬は人体に良くない場合が多いので、
なるべく薬の常用は避けるのが良いですね。

 

 

 

■ニキビは皮脂が詰まってできる

 

 

皮脂は、人間の肌をコーティングし、守ってくれます。

 

この皮脂は、毛包内の皮脂腺から分泌され、毛をつたって毛穴から出てきます。

 

 

この時、皮脂の量が多すぎると、皮脂が渋滞を起こして、毛穴に詰まってしまいます。

 

毛包内に残った皮脂は、アクネ菌の大好物なので、
アクネ菌が繁殖し、ニキビになってしまうんですね。

 

 

ですから、ニキビ予防には、とにかく
「皮脂が出すぎないようにする」ことです。

 

 

これは、生活習慣の改善によって可能です。

 

当サイトでも、色々と紹介していますので、参考にしてください。

 

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング