ニキビができないようにする方法。皮脂ナイロン製のスポンジ。ニキビができやすい人

ニキビができないようにする方法。皮脂ナイロン製のスポンジ。ニキビができやすい人

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

 

 

 

■ニキビができないようにする方法

 

 

ざっくりと言えば、ニキビというのは、皮脂が毛包内に詰まったらできるわけです。

 

ですので、皮脂が詰まらないようにすれば、ニキビはできません。

 

 

皮脂が詰まる原因は

 

 

・皮脂が出すぎ

 

・角質が厚くなりすぎ

 

 

ニキビの原因は、この2パターンが多いですね。

 

 

 

特に、皮脂が出すぎると、皮脂は油なので簡単に毛穴が詰まってしまうんですね。

 

 

ですから、ニキビを治すには、皮脂が出すぎないようにしなければならない。

 

そのために重要なのが、女性ホルモンです。

 

 

男性ホルモンは、皮脂が出る(アンドロゲン)
女性ホルモンは、皮脂があまり出ない(エストロゲン)

 

こんな感じ。

 

 

 

寝不足になると、男性ホルモンが多くなります。
(女性であっても)

 

 

たっぷり寝ると、女性ホルモンが多くなります。

 

だから、ニキビを治すには、睡眠が大事なんですね。

 

 

 

尚、女性の場合は、生理周期によって、女性ホルモンの分泌量が変わるので、
生理周期で、ニキビができやすい時期と、できにくい時期があります。

 

 

 

■体にニキビがある時は、ナイロン製のスポンジ禁止

 

 

背中ニキビや、体にニキビがある人は、
体を洗う時に、ナイロン製のスポンジや、タオルを使わないでください。

 

 

刺激の強いスポンジ類で、ゴシゴシ洗いすると、
体にニキビ痕が残ったり、シミが残ったりします。

 

 

 

基本的には、体を洗う時は、「手で洗う」

 

これで十分です。

 

 

タオルでゴシゴシ洗いして、皮脂を全部とってしまうと、
その後、逆に皮脂が過剰分泌されて、背中などのニキビの原因になりますので、
顔も体も、ゴシゴシ洗いは厳禁です。

 

 

 

■アメリカ人はニキビが多い

 

 

アメリカはニキビに悩む人が多いです。

 

日本人は、アメリカよりはずっと少ない。

 

これは、やはり食事がニキビに与える影響の大きさを証明してます。

 

 

アメリカ人の食事は、油と肉がメインですからね^^;

 

皮脂が出やすいのですね。

 

 

 

ただ、日本人のニキビ人口も、どんどん増加しているのです!

 

これは、食生活の欧米化の影響ですね。

 

それと、仕事が過酷になっていくことでの、寝不足&ストレスですね。

 

 

 

ニキビを治すには、とにかく
「睡眠と和食少食」です。

 

 

 

■ニキビができやすい人は、男性ホルモン・アンドロゲンが多い

 

 

ニキビができやすく、治りにくい人は、男性ホルモンの量が多いというデータがあります。

 

なぜ男性ホルモンが多いのか?

 

 

これは主に、ストレスと寝不足ですね。

 

ストレスと寝不足は、交感神経優位になり、
男性ホルモンが出まくります^^;

 

 

そして皮脂が多くなり、ニキビができるわけですね。

 

 

 

一般的に、女性より男性の方が、ニキビができやすいです。

 

これは、男性の方が、男性ホルモンアンドロゲンが多いため、
皮脂量も女性より多いからですね。

 

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング