ニキビ跡の赤みを治す方法〜ニキビが治らない。睡眠不足・乾燥肌。保湿化粧品と吹き出物改善

ニキビ跡の赤みを治す方法〜ニキビが治らない。睡眠不足・乾燥肌。保湿化粧品と吹き出物改善

ニキビ跡の赤みを治す方法

 

 

 

■ニキビが長引いたり、ニキビを手で触ったり、ニキビをつぶしてしまったりすると、「ニキビ跡」になることがあります。

 

ニキビ跡というのは、ニキビそのものが治っても、その部分に色素が沈着したり、赤みが残ってしまったりする状況です。ひどいときには「クレーター」と呼ばれる痕が残ってしまうこともあります。

 

 

 

■このようなニキビ跡ができてしまうと、治るまでにかなり時間がかかってしまうため、ニキビができた時のケアは慎重に行わなければなりません。

 

特に「ニキビを潰す」という行為は、最もニキビ跡ができやすくなってしまう行為ですので、とにかくニキビを潰さないようにしてください。

 

 

 

■さて、ニキビ跡ができてしまったときには、基本的には自分自身の免疫力で時間をかけて治していくしかないわけですが、ニキビ跡が治りやすくなる方法もあるわけです。

 

 

ですから自分に出来る事はなるべくやっていくという形ですね。

 

では何をすればいいのか?

 

 

 

■ニキビ跡を治すために最も重要な事は「肌を保湿する」ということです。

 

乾燥肌は肌にダメージを与え、肌のターンオーバーや回復力を阻害しますので、とにかく肌を元気にして肌の回復力を最大にするためには、「保湿」ということが絶対に重要なわけです。

 

 

私がニキビ跡には「リプロスキン」と言っているのは、リプロスキンは肌の保湿効果が非常に高く、何もしないよりは明らかにニキビ跡が治りやすくなるからです。

 

 

ですから、ニキビ跡の赤みを治すためには、まずリプロスキンなどのニキビ跡専用の化粧水で保湿をすることが重要です。

 

 

 

■次に、「紫外線を避ける」と言うことです。ニキビもしくはニキビ跡がある時に、強い紫外線をその部分に当ててしまうと、炎症した肌にさらにダメージを与えてしまうことになり、ニキビ跡になりやすくなってしまいます。

 

 

ですからニキビがあるときには紫外線は極力避けなければなりません。もちろんニキビ跡があるときにも同様です。

 

紫外線は当たるだけでも肌にダメージを与えるし、紫外線を当てると肌が乾燥肌になりやすくなってしまいます。

 

ですからニキビやニキビ跡があるときには、なるべく帽子や、日傘によって紫外線を避けることが大切です。

 

 

 

■次に、ニキビ跡の赤みを消すには、たっぷりと眠ることです。これはニキビが出来ないようにするのと同時に、肌の回復力やターンオーバーを最大にするという効果があります。

 

 

眠ると言う事はおろそかにされがちなのですが、ニキビを治したり、ニキビ跡を治すためには、睡眠というのはものすごい効果があります。

 

 

現代人は忙しく、寝る時間がなかなか確保できない人も多いのですが、ニキビを治したり、ニキビをできにくくしたり、ニキビ跡の赤みを消すためには、「しっかりと眠る」と言う事は絶対条件です。

 

 

肌のためにも睡眠時間は削らないようにした方が良いですね。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング