ニキビを潰すとニキビ跡になりにくい?白ニキビを潰すと治る?赤ニキビとクレーター。潰さないほうがいい

ニキビを潰すとニキビ跡になりにくい?白ニキビを潰すと治る?赤ニキビとクレーター。潰さないほうがいい

ニキビを潰すとニキビ跡になりにくいのか?

 

 

■ニキビというのは、基本的には、ほっとけば免疫力によって勝手に消えていきますが、中にはタチの悪いニキビもあって、ずっと長引いて治らないニキビもあります。

 

 

そして、このようなニキビがあまり長引いてしまうと、ニキビが治ったあとも肌に赤みが残ったり、後が残ってしまうことがあります。

 

すなわち「ニキビ跡」になるということですね。

 

 

 

■ですから、ニキビというのはなるべく速やかに治すことが重要です。あまり長引いてしまうとニキビ跡になるリスクが高まっていくからです。

 

 

このような話をすると、「じゃあ早くニキビを治すために、ニキビを潰そう!」と言う風に考える人がいます。

 

確かに、病院などでは専用の器具で、ニキビを潰すという治療があります。しかしこれは、ニキビのプロのお医者さんが、専用の機材でやる処置であり、自分で自己流でニキビを潰してしまうのは話が全く違います。

 

 

 

■ニキビ跡にしたくなくて、早めにニキビを治そうと、ニキビを潰すわけですが、これでは逆に潰すことによってニキビ跡が残ってしまう可能性があります。

 

 

ニキビには段階があり、ニキビの初期段階である「白ニキビ」であれば、多少、ニキビを潰しても跡が残るリスクは低いのは確かです。

 

 

 

■私は白ニキビであっても、ニキビを潰してしまうことには反対ですが、白ニキビならギリギリで潰してもセーフかなと言う感じもします。

 

でもできるだけ白ニキビであっても、自然に中の白い芯(皮脂)が出てくるまで、自分ではつぶさないのが理想です。

 

白ニキビの中身は、膿ではなく、皮脂が詰まっているだけですね。「ニキビの芯」と言われるもので、白ニキビの場合は、この中の皮脂を取り出すことによって、ニキビを潰すことができます。

 

 

 

■白ニキビであっても、そのまま長引いてしまうと、赤にきびの状態に突入してしまいます。

 

そして赤にきびが長引いてしまうと、色素沈着などの「にきび跡」になってしまうことがあるわけです。

 

 

ですが、赤にきびになったら間違っても、つぶさないでください。

 

赤にきびまで悪化したにきびを、自己流で触ったり削ったりして、つぶしてしまうと、にきび跡になるリスクが非常に高くなります。

 

色素沈着で済めばまだ良い方で、下手をすれば「クレーター」になって、顔にボコボコの跡がついてしまうこともあるのです。

 

 

 

■私も、若気の至りでニキビをつぶしていた頃があって、今はスキンケアの仕方をいろいろと勉強したのでほとんどのニキビ跡は消えましたが、まだ消えないで残っているニキビ跡もあります。

 

 

今思えば、あの若い頃、ニキビを潰さなければよかったなぁと思っています。

 

ですから、ニキビはできてしまうとすごく気になりますが、出来る限り触らず、つぶさず、清潔にして、免疫力によって自然に治していきましょう。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング