太陽と紫外線はニキビを悪化させる?治す?日光浴と免疫力。太陽の光でニキビが治るか

太陽と紫外線はニキビを悪化させる?治す?日光浴と免疫力。太陽の光でニキビが治るか

太陽と紫外線はニキビを悪化させるのか?治すのか?

 

 

■一般的に、紫外線を浴びるとニキビができたり、ニキビ跡になりやすかったりと言われます。

 

ですから、スキンケアの基本としては、日傘や帽子などで極力紫外線を避けることが重要です。

 

 

 

■ただ、紫外線は本当に「悪者」なのか?

 

私の個人的な感覚では、あまりにも太陽に当たっていないときはニキビができやすくなるし、外で運動をすると、むしろニキビが治っていることもあります。これはなぜか?

 

 

 

■紫外線は確かに肌に悪影響があり、浴び過ぎてしまうと皮膚ガンの原因になったり、皮脂が酸化してニキビの原因になったりします。

 

 

ですが人間は太陽の光をある程度、浴びないと、免疫力が低下してしまうわけです。

 

生物として、人間はもともと太陽の下で活動してきたわけですから、現代人だからといって急に太陽を浴びなくなってしまうと、生物としての体の機能が健全に働かなくなるわけです。つまり免疫力が低下してニキビができやすくなることもあるわけです。

 

 

 

■太陽の光を浴びるのか?浴びないのか?この辺のバランスは非常に難しいところであり、 1人1人の肌のタイプによっても変わってくるわけですが、私の感覚では、やはり一日に全く太陽の光を浴びないというのは不健全だと思います。

 

 

健康にも悪いし、ニキビもできやすくなる印象があります。

 

 

 

■ですから、紫外線が肌に悪いからといって、全く外に出ないというのは、逆に肌荒れの原因になる場合があるということです。

 

私の場合は、日傘や帽子などを使って、外を歩くだけでも、太陽の光のパワーで体の免疫力が健全に維持できる感じがします。

 

 

「顔の肌」に紫外線を当てるのは避けた方が良いですが、全身に太陽の光を浴びる事は、絶対に体にとって必要なことであり、免疫力を高めてニキビを防ぐことにもつながるわけです。

 

 

 

■ただし、顔の皮脂に紫外線を当てると、その皮脂が「酸化」してしまい、毛穴が詰まりやすくなります。

 

ですから、汗をかいた顔に太陽の光を当てて、そのまま放置すると肌荒れする確率が非常に高くなってしまうわけです。

 

 

太陽の光自体は免疫力をアップさせますが、紫外線は皮脂を酸化させてしまうので、太陽の光を浴びた後は、家に帰ってから洗顔をした方がよいでしょう。

 

 

この場合、洗顔フォームは使わなくても、ぬるま湯で汗を流すだけでオッケーです。

 

洗顔フォームで何度も洗顔してしまうと、顔の肌が乾燥してしまい、逆に乾燥肌によってにきびができやすくなってしまうからです。

 

 

 

■ということで、太陽の光や紫外線と、ニキビの関係は非常に深いものがありますが、何事も大切な事は「バランス」です。

 

適度に太陽の光を浴びて、そして家に帰ってきたらぬるま湯で、軽く汗を洗い流す。

 

このような当たり前のバランスの良い生活が、結局は1番ニキビができにくくなる生活習慣と言えるわけですね。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング