なぜニキビができる?意味。吹き出物の原因と理由。ニキビができなくなる方法?肌荒れ撲滅

なぜニキビができる?意味。吹き出物の原因と理由。ニキビができなくなる方法?肌荒れ撲滅

なぜニキビができるのか?

 

 

顔の真ん中に、ドドーン!とできてしまう、にっくきニキビ。

 

大きなニキビがあるだけで気分は落ち込んでしまいますよね。

 

ニキビなんてなくてもいいのに、どうしてニキビができてしまうのでしょうか?

 

 

 

■人間の体は全て、必要があって「症状」が出るようになっています。

 

風邪をひくと熱が出るのも、 体温を上昇させることによって体の免疫力をアップさせ、風邪菌をやっつけるためです。

 

 

では、ニキビにも意味があるのか?

 

ニキビについては、毛穴に詰まった皮脂をアクネ菌が食べて増殖しようとするのを、「炎症」させることによって防ごうとするものです。

 

 

 

■アクネ菌といえばTVのCM等でもおなじみですが、なんだかすごく悪者という印象ですよね。

 

ですがアクネ菌は、本来私たちの肌には絶対に必要な菌なのです。肌のpHを最適にキープしてくれるわけですね。アクネ菌が肌からいなくなると、もっと悪い菌が顔について、顔の肌はボロボロになってしまうのです。

 

 

 

■さて、そんな正義か悪か、よくわからないアクネ菌ですが、アクネ菌は増えすぎると、肌の防御反応によって「ニキビ」となってしまいます。

 

ここまでがニキビができる仕組みですが、では具体的に何をするとニキビができて、何をすると肌は綺麗になるのでしょうか?

 

 

 

■まず、ニキビができる原因で多くの人に当てはまる要素は、

 

「寝不足」「食べ過ぎ」「便秘」「強いストレス」「洗顔のしすぎ」

 

ほとんどの人のニキビは、このあたりが原因となっています。

 

 

 

■特に寝不足をすると肌荒れすると言いますが、私自身もニキビの原因としては寝不足が最も大きな要因になっていると思います。

 

人間は睡眠不足の状態になると、「交感神経」が優位になって男性ホルモンが増加します。

 

男性ホルモンが増加すると「皮脂」が増加します。 皮脂が増加すると当然ニキビができてしまうというわけです。

 

 

 

■また、食べ過ぎると体内をめぐる「脂肪分」の量が増加しますので、これまた皮脂の分泌量が増加してしまいます。

 

さらに、食べ過ぎは便秘の原因にもなりますので、美しい肌をキープするためには、腹八分目というのが大切になってきます。

 

 

 

■それから、精神的に強いストレスを受けると、肌が荒れることがあります。つまりストレスを感じるとニキビができやすくなるということです。

 

私も大きなストレスを感じたときには、大きなニキビができてしまうことが多いです。

 

 

 

■そして、洗顔のしすぎはニキビの原因になります。

 

ニキビの原因は皮脂の増加ですが、だからといって洗顔の回数を増やして、皮脂を全部洗い流してしまおうっと考えるのは、短絡的すぎます。

 

皮脂を減少させることは重要ですが、それは内部からの皮脂の分泌量を減らすという意味であって、外側に「既に出た皮脂」を洗っても逆効果であるということです。

 

 

 

■ということで、代表的なニキビの原因を書き出してみました。

 

これ以外にもニキビの原因は沢山ありますので、当サイトの他の記事なども参考にしてみてください。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング