氷のうでニキビは治る?肌を冷やすとニキビ跡が治る?洗顔後に保冷剤で顔を冷やす効果

氷のうでニキビは治る?肌を冷やすとニキビ跡が治る?洗顔後に保冷剤で顔を冷やす効果

氷のうでニキビは治るのか?

 

 

■ニキビができた時や、ニキビを防ぎたいときに、「氷のう」で顔を冷やすと良いと書かれている本があります。

 

氷で顔を冷やすことによって、顔の毛穴が引きしまったり、顔の血流が良くなることによって、ニキビが治ったり、あるいはニキビを防いでくれると言うわけです。

 

 

 

■ただ、この「氷で顔を冷やす」と言うやり方は、私はあまりお勧めしていません。

 

なぜかというと、私自身が氷で顔を冷やすと言うやり方を試してみて、逆に肌がすごく荒れてしまったからです。

 

 

氷の刺激は非常に強い刺激なので、体質によっては肌にダメージを与えてしまいます。

 

私の場合は、最終的には肌がボロボロになってしまい皮膚科に通院することになってしまいました。

 

 

 

■もちろん、ある程度、肌が頑丈な人なら、顔を氷で冷やすことによってニキビができにくくなる人もいます。

 

ただこれは体質の問題なので、自分の肌が氷に合うか合わないかは、やってみないとわからない部分があるわけです。

 

ですから、「氷のうで顔を冷やす」と言うやり方を試してみるときには、まず最初は氷を厚めのタオルでくるんで、刺激を少なくし、また氷をつける時間も最初は短めで試してみると良いでしょう。

 

 

 

■いきなり最初から冷たい氷を顔に付けてしまうと、その刺激によって逆に肌荒れする可能性があるので、くれぐれも慎重に行ってください。

 

この「氷で顔を冷やす」というやり方は、体質に合えば、顔の肌のターンオーバー期間を短くして、肌を若返らせることができます。
顔に氷の刺激を与えることによって、顔の血行が良くなるからですね。

 

 

 

■「氷のうケア」の代表的なやり方は、洗顔の後に、まず氷で顔を冷やします。そしてその後でいつも通りの化粧品をつける、と言うやり方になります。

 

氷の代わりに、保冷剤をタオルに包んで顔を冷やすと言うやり方でも良いでしょう。

 

 

 

■ただ、冒頭でも解説した通り、顔を氷で冷やすと言うやり方は、うまくいけば美肌効果は高いものの、失敗すると非常に肌が悪くなってしまうので注意が必要です。

 

ですので敏感肌の人は、あまりやらない方が良いかもしれません。

 

 

 

■特に、私の失敗談を言えば、顔を氷で冷やした「後に洗顔」すると、肌荒れしやすくなってしまいました。

 

ですので順番的には、洗顔をしてから顔を冷やす。そして化粧水をつける。という順番になります。

 

 

「氷のうケア」は、やはり肌のタイプによって合う人と合わない人がいるので、最初は少しずつ。

 

一気にやらず、肌に強い刺激を与えすぎないように気をつけてください。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング