シャワーで直接洗顔するとニキビができる?熱いシャワーを顔に当てると乾燥肌やニキビ跡の原因に。

シャワーで直接洗顔するとニキビができる?熱いシャワーを顔に当てると乾燥肌やニキビ跡の原因に。

シャワーで直接洗顔するとニキビができる?

 

 

■顔を洗う時にシャワーを壁に引っ掛けて、直接顔にシャワーを当てて洗顔する人は多いです。

 

しかしながら、シャワーで直接顔に水を当ててしまうと、ニキビができやすくなることがありますので注意が必要です。

 

なぜシャワーを直接顔に当てて洗顔するとニキビができてしまうのか?

 

 

 

■それは、シャワーを直接顔にあててしまうと、シャワーの水圧とシャワーの熱によって、顔の皮膚の皮脂と、保湿成分が過剰に洗い流されてしまうからです。

 

 

皮膚には、ある程度の皮脂と潤いが必要であり、これが不足してしまうと「乾燥肌」になってしまいます。

 

肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌され、しかも乾燥した肌は角質がゴワゴワなので、皮脂が途中で詰まりやすくなってしまい、ニキビができやすくなります。

 

 

 

■なので、洗顔するときに、洗顔フォームで顔を洗って、それをシャワーで直接洗い流そうとすると、必要な皮脂や潤いまで失われてしまうわけです。

 

 

ですから、直接シャワーを顔にあてて洗顔している人は、なるべくシャワーの水圧をゆるめにするか、手でぬるま湯をすくって、優しく顔をすすぐというのが望ましいでしょう。

 

 

私もめんどくさがりなので、ついつい勢い良くシャワーを顔にあてて、一気に洗顔フォームをすすいでしまいたくなることもありますが、これをやるとやっぱりニキビができやすくなってしまいますし、しかもすでにニキビがある時に、シャワーを顔にあててしまうと、「ニキビ跡」の原因にもなってしまいます。

 

 

 

■ニキビがある時に、シャワーの強い水圧で、そのニキビに刺激を与えてしまうと、ニキビを潰したのと同じことになってしまい、跡が残ってしまうリスクが高まるということです。

 

 

強い水圧のシャワーは気持ちがいいものですが、顔の肌というのは非常に繊細にできているので、なるべく強い刺激を与えないことが重要です。

 

 

 

■ちなみに、シャワーの水圧をゆるめにして、直接、顔にかける場合であっても、シャワーの温度は「ぬるま湯」にしてください。

 

最悪なのは、「熱いシャワーを直接顔にかけること」です。

 

熱いシャワーを直接顔にかけると、そのシャワーの熱によって、皮脂が必要以上に洗い流されてしまいます。

 

 

ですから、これは手ですくって顔をすすぐ場合でも同じなのですが、顔につけるお湯は、なるべくぬるくしてください。

 

洗顔の基本は「ぬるま湯」です。

 

熱いお湯を顔につけてしまわないようご注意ください。

 

 

 

■とにかく洗顔というのは、顔の肌をやさしくいたわることが基本になります。

 

なるべく強い刺激を与えず、ゴシゴシこすらず、優しく洗顔することがニキビ対策の基本となるわけですね。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング