ニキビをつぶして治す?つぶしていい?つぶさない?潰したいけどニキビ跡が残るリスクあり。白ニキビ

ニキビをつぶして治す?つぶしていい?つぶさない?潰したいけどニキビ跡が残るリスクあり。白ニキビ

ニキビを潰して治す?

 

 

■ニキビは初期の頃なら、自分で潰してしまうことによって、短期間で消えることがあります。

 

これは「白ニキビ」と言われる、ニキビの初期の段階でのみ、有効な手法であり、ニキビが悪化して赤ニキビや黒にきびになってしまった状態で、ニキビをつぶしてしまうと、高確率で「ニキビ跡」になってしまうので注意が必要です。

 

 

 

■私の個人的な意見としては、ニキビの初期状態である白ニキビであっても、自分で潰してしまわない方が良いと思います。

 

白ニキビの段階であれば、表面の皮を少しだけ破って、中の白い液体(皮脂)だけを出してしまえば、ニキビは目立たなくなります。

 

しかし、この段階で、多少なりとも肌に傷が付くわけですから、その時は良くても後々 、シミの原因になったり、クレーターの原因になったりするわけです。

 

 

 

■ニキビというのは、できてしまうとすごく気になって、皆がそのニキビを見ているのではないか?というちょっとおかしな精神状態になりますよね。私もたまに大きなニキビができてしまうと、必ずそのような精神状態になってしまいます。

 

 

その状態だと、どうしてもそのニキビが気になってしまい、つぶしたくなってしまうんですね。

 

でも、ニキビを潰した後は、後悔してしまう。ニキビを潰した後悔というのは、常に時間が経ってから、湧いてくる感情です。

 

 

 

■確かに顔の真ん中付近に大きなニキビができてしまうと、すごく目立ってしまいますが、他人というのは、それほど自分の顔をちゃんと見てはいないものです。

 

良いイメージにはなりませんが、ニキビがあることでその人の印象が大きくマイナスになるということはありません。

 

むしろ「めっちゃ肌荒れちゃった!エーン!」

 

と、明るく言うくらいの人であれば、ニキビのマイナスを逆に「プラス」に転換することもできるわけです。

 

 

 

■そして、一番やってはならない事は、上述した通り、赤ニキビや黒にきびを潰してしまうことです。

 

このような、ある程度、段階が進んでしまったニキビを無理矢理つぶしてしまうと、「ニキビ跡」になってしまう確率が非常に高くなってしまうわけです。

 

ニキビ跡と言うのは、ニキビが治った後も、赤みが顔に残ってしまう状態で、これがひどくなると一生消えない傷跡になってしまう場合もあります。

 

 

 

■ニキビはすごく気になる肌トラブルですが、一1時的な悩みに負けて、ニキビをつぶしてしまうと、「ニキビ跡」として、一生の悩みとなってしまうケースもありますので、ニキビケアの基本は、やはり「つぶさないこと」となります。

 

 

結局、ニキビを潰しても多少の赤みは残ってしまうし、ニキビをつぶした後に、上からメイクなどしてしまうと、さらにニキビ跡になるリスクが高まりますので、できてしまったニキビはなるべく触らず、刺激を与えず、スキンケアをしっかりとして、自然に治すようにするべきでしょう。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング