風邪はにきびの原因?風邪薬も吹き出物の原因になる?免疫力低下・便秘。副作用

風邪はにきびの原因?風邪薬も吹き出物の原因になる?免疫力低下・便秘。副作用

風邪はにきびの原因?風邪薬も吹き出物の原因になる?

 

 

風邪をひくと、ニキビができやすくなります。これはいろいろな理由があるのですが、まず第一に風邪をひくと体の免疫細胞が、風邪ウィルスをやっつけるために総動員してしまうので、アクネ菌の炎症が起こりやすくなってしまうという理由です。

 

 

 

■ニキビというのは毛穴の炎症ですから、免疫力が下がると炎症しやすくなり、ニキビができやすくなるというわけですね。

 

また、風邪をひくと寝込んでしまうため、お風呂に入れず洗顔もできないことが多いため、毛穴の汚れや皮脂のつまりが発生しやすく、これもまたニキビの原因になるわけです。

 

 

それから、風邪をひくと便秘になりやすくなります。特に、鼻水・鼻づまり等を抑える薬を飲んでしまうと、薬の副作用で大腸の働きも低下してしまうため、便秘になりやすくなるわけです。

 

便秘をすれば当然、ニキビができやすくなります。腸からの毒ガスが毛穴を炎症させるからですね。

 

 

 

■ですから、私は基本的に風邪をひいても、鼻水・鼻づまりを抑える薬は飲みません。これは肌荒れを防止するという意味もありますが、鼻水や鼻づまりというのは、意味があって出ているわけです。

 

 

つまり、鼻水というのは、風邪のウイルスを鼻水と一緒に排出しているわけですね。ですから免疫システムのはたらきとして、鼻水は必要なモノなのです。これを薬で強引に止めてしまうと、風邪の治りが遅くなるし、鼻水を止めるために、別の副作用が出るわけです。

 

それはたとえば、便秘になってニキビが出来たりということですね。

 

 

 

■このように、風邪をひくとニキビができやすくなる条件が揃ってしまうわけです。ですから風邪を引いて体が弱ってしまうと、どうしてもニキビができてしまうのは仕方がない部分があります。

 

 

しかし、なるべく風邪薬を飲まないとか、風邪をひいても洗顔だけ頑張ってしてみるとか、対応の仕方によって風邪をひいてもニキビを作らない方法はいくらでもあります。

 

 

 

■ですから、風邪をひいたからといって、すぐにニキビができるわけではありません。風邪をひいた時の自分自身の行動.によってニキビができるかどうかが決まるわけです。

 

 

ただ不思議なことに、風邪をあまりひかない人というのは、ニキビもできにくい傾向にあります。風邪をひきやすい人というのは、肌荒れもしやすい傾向にあります。

 

 

 

■まぁこれは不思議なことでもなんでもなくて、普段から美容と健康の知識を研究している人というのは、生活習慣が正しいので、ニキビもできず、風邪もひきにくいというわけです。

 

 

正しい生活習慣というのは例えば、睡眠時間を長めにするとか、少食にするとか、ストレスを反芻しない、など基本的なことばかりです。

 

 

 

■ですから、風邪を引きやすいとか、ニキビができやすいと言う人は、まずこのような当たり前の基本を習慣にするだけで、ニキビがどんどん消えて行きますし、風邪も全くひかなくなります。

 

私は、今はほとんど風邪を引くことはありません。 10年に1回、風邪をひくか行かないか、くらいですね。

 

ニキビもほとんどできなくなりました。

 

 

生活習慣と化粧品を工夫するだけで、これだけの効果が出るということです。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング