妊娠出産をするとニキビができる?女性ホルモンの増加。吹き出物・肌荒れの原因

妊娠出産をするとニキビができる?女性ホルモンの増加。吹き出物・肌荒れの原因

妊娠出産をするとニキビができる?

 

 

妊娠や出産をすると、肌がすごく荒れてしまう人と、肌が逆にきれいになる人がいます。

 

妊娠出産をすると、女性ホルモンが増加します。女性ホルモンというのは、エストロゲンとプロゲステロンですね。

 

 

 

■エストロゲンは肌を綺麗にしニキビを防ぎます。逆にプロゲステロンは、皮脂を増加させニキビができやすくなってしまう女性ホルモンです。

 

 

妊娠や出産をすると、このエストロゲンとプロゲステロンが同時に両方増加します。これによって、エストロゲンの作用が強く出る人は肌がきれいになるし、プロゲステロンの作用が強く出る人は、ニキビができてしまうというわけです。

 

 

 

■それから、エストロゲンとプロゲステロンが増加することによって、胸が大きくなりますね。これが、妊娠出産に伴う女性ホルモンの増加による影響です。

 

 

ですから、妊娠出産に伴う肌の変化や、体質の変化というのは、出産した後、時間とともに元に戻ります。

 

ただ、体質によってはなかなかホルモンバランスが元に戻らず、ニキビがずっとできやすいままだったり、太りやすくなったりする人もいるわけです。

 

 

 

■このような場合の肌荒れは、あまり長期間にわたってニキビができ続けてしまうと、ニキビ跡になったりするリスクも高まってしまうため、適切なニキビケアをしていくことも必要です。

 

 

ニキビが長引いたり、ニキビ跡が残りやすいときは、リプロスキンを使うのが良いでしょう。ホルモンバランスによるニキビは、市販のニキビ薬ではなかなか治すことができません。

 

 

リプロスキンは化粧水なので、肌に負担がかかることもなく、自然に肌荒れを抑えることができます。

 

その間に、少しずつ女性ホルモンのバランスも整ってきますので、元の美しい肌にもどってきたらまた今まで通りの化粧品を使うのがよいかと思います。

 

 

 

■妊娠出産に伴う、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの増加は、生物としての働きですので、避けられない部分です。

 

この女性ホルモンの増加は、赤ちゃんを育てるために必要な女性ホルモンということです。

 

 

ですから、出産した後、時間が経過して女性ホルモンが戻るまで、少しの間ですのでニキビ用のケアをしておくのが良いと思います。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング