寝不足・睡眠不足は肌荒れとニキビ吹き出物の原因〜何時間寝ればよい?短眠の弊害

寝不足・睡眠不足は肌荒れとニキビ吹き出物の原因〜何時間寝ればよい?短眠の弊害

寝不足は肌荒れとニキビの原因

 

 

私は寝不足になると途端にニキビができやすくなり、肌荒れしてしまいます。飲み会などで、うっかり遅く帰って来てしまうと、次の日、寝不足になってニキビができてしまうわけです。

 

 

 

■このような経験は皆さんもあるのではないでしょうか。
なぜ寝不足になるとニキビができやすくなるのか?

 

これは寝不足になると自律神経のバランスが崩れ、交感神経が優位になって皮脂が増加するからですね。

 

 

 

■ニキビというのは要するに毛穴に皮脂が詰まってしまうことですから、皮脂が増加するとニキビができる確率もアップしてしまうわけです。だから寝不足になると肌荒れしやすいわけですね。

 

 

では、ニキビができないためには何時間眠ればいいのか?
この質問は、ちょっと本質がずれていると感じます。何故かと言うと、寝不足というのは、「いつもの睡眠時間よりも短い」と言う定義だと思うからです。

 

 

 

■例えば、私の場合は、いつも7時間くらい眠るのですが、これが5時間睡眠になると肌荒れしやすくなります。

 

しかし、いつも5時間睡眠が習慣になっている人は、 5時間でも肌荒れしないわけです。体が5時間睡眠に適応してるからですね。

 

 

ですから、ニキビができない睡眠時間、というものはなく、自分が何時間眠ればすっきり起きられるか?いつも何時間寝ているか?これによってベストな睡眠時間は人それぞれ違ってくるわけです。

 

 

 

■ただ、基本的には、ショートスリーパー(短眠)の人でも、なるべく長く眠る方が、肌と健康には良いと思います。

 

肌のターンオーバーというのは、寝ているときのほうが活発ですから、睡眠時間が長い方がニキビができにくく、また治りやすいということになります。

 

 

睡眠に関しては、 22時から2時までがゴールデンタイムと言われますが、私はこれはあまり気にしなくて良いと思います。ぐっすり眠れれば何時に寝ても大丈夫です。

 

 

 

■そもそも、この時代に夜の10時に眠るというのは、ほとんど不可能だと思います。あまりゴールデンタイムに眠ることを意識しすぎるあまり、早く寝なきゃ!というのがストレスになってしまうと逆に肌荒れしますので、何時に寝てもいいので、とにかく睡眠時間が短くならないように気をつけてください。

 

 

私の場合は、職業柄、けっこう生活時間が不規則なのですが、 7時間くらい睡眠をとれば昼夜逆転していても、肌荒れはしません。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング