大豆製品でニキビは治る?豆腐・豆乳・納豆・枝豆。大豆イソフラボンで便秘解消&吹き出物改善

大豆製品でニキビは治る?豆腐・豆乳・納豆・枝豆。大豆イソフラボンで便秘解消&吹き出物改善

大豆製品でニキビは治る?

 

 

大豆製品には、「大豆イソフラボン」という成分が含まれています。この大豆イソフラボンという成分は「植物性エストロゲン」と呼ばれ、女性ホルモン・エストロゲンとそっくりな働きをするわけです。

 

 

 

■女性ホルモンのエストロゲンの働きというのは、主に女性らしい体を作る働きです。胸がふっくらと大きくなったり、肌が白く美しくなったりする働きですね。

 

 

女性は体の機能として、このエストロゲンの分泌が行われますが、寝不足やストレスや加齢によって、エストロゲンの分泌量が減少してしまうわけです。そうなると肌荒れやニキビができやすくなってしまうわけですね。

 

 

 

■ですから、ニキビを治して、綺麗な肌を作り出すためには、女性ホルモンのエストロゲンを増やすか、植物性のエストロゲンを摂取することが重要になります。

 

 

そこで大豆製品が効果的です。大豆製品というのは、大豆からできている食べ物で、納豆、豆乳、お豆腐、枝豆等ですね。

 

 

これらの大豆製品には、植物性エストロゲンが豊富に含まれており、大豆製品を食べると女性ホルモンが増加したのと同じ効果があり、ニキビが治ったり肌が白くきれいになったりする効果があります。

 

 

 

■ですから、大豆製品を積極的に食べることは、ニキビの改善には効果が高いといえます。

 

 

特に私自身が好んで食べる食品が、マーボー豆腐です。マーボー豆腐と白いご飯ですね。この組み合わせは地味ですが、かなり肌に良い効果があります。

 

 

麻婆豆腐と白いご飯の組み合わせは、翌日のお通じもかなり良くなります。お豆腐のたんぱく質と白米の炭水化物の比率が丁度よいからかもしれません。

 

 

 

■納豆も健康食品として代表的なものですが、私の場合は納豆を食べすぎると、逆に便秘になりやすく、肌荒れすることも多いので、あまり納豆はたくさん食べないようにしています。お豆腐の方が美肌効果が高いと思います。

 

 

大豆製品がニキビ改善に効果が高いのは、「脂肪分」が少ないということも影響していると思います。

 

やはりニキビを治したいと思ったときには、脂肪分の摂取を減らすことが重要になります。脂っこいものを食べると、かなり肌荒れしやすくなってしまうからですね。

 

 

大豆製品は、お肉などと比べて豪華さはありませんが、ニキビを治したり美しい肌を作るためにはかなり効果の高い食材ですので、積極的に摂取していきましょう。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング