ニキビの原因アクネ菌とは?洗顔で消える?嫌気性。繁殖させない方法

ニキビの原因アクネ菌とは?洗顔で消える?嫌気性。繁殖させない方法

ニキビの原因アクネ菌とは?

 

 

アクネ菌という言葉は、誰でも聞いたことがあると思います。アクネ菌は、にきびの原因菌とされる、常在菌ですね。

 

 

アクネ菌といえば、なんだかものすごく悪者というイメージがありますが、アクネ菌は誰の肌にも存在する常在菌であり、必要不可欠な菌なのです。

 

 

 

■アクネ菌は、皮膚を弱酸性にキープして、他の有害な菌が肌に繁殖しないようにしてくれる、必要な常在菌です。ですからアクネ菌そのものは悪者ではないのです。

 

 

アクネ菌が増殖すると、毛穴の中が炎症してニキビになります。これはアクネ菌が悪いのではなく、皮脂が多すぎるわけです。

 

 

アクネ菌は、皮脂が大好きです。アクネ菌は皮脂がたくさんあると増殖します。つまり、アクネ菌を増やしているのは、毛穴に詰まった皮脂ということです。

 

 

 

■ですから、にきびを治すためには、もしくは新しいニキビを作らないためには、アクネ菌云々というよりも、まず皮脂が毛穴に詰まらないようにしなければなりません。

 

 

皮脂が詰まる原因は、皮脂が多すぎるから。

 

なぜ皮脂が多すぎるのかというと、これはいろいろな原因があるのですが、例えば男性ホルモンが多すぎるとか、脂っこいものを食べ過ぎるとかですね。

 

 

 

■ピーナツを食べ過ぎるとニキビができる、睡眠時間が短くなるとニキビができる、このような現象は、皮脂が増加しているからです。

 

 

ですから、アクネ菌を殺菌する洗顔料、というのも悪くはないのですが、アクネ菌は肌に必要な菌なのです。ですからアクネ菌だけを悪者にしてニキビを治そうというのは、順番が間違ってることになります。

 

 

 

■また、アクネ菌を全滅させようと、過剰に洗顔してしまう人もいますが、これをやると顔の皮脂が少なくなりすぎてしまい、その後に反動で、より一層の皮脂が分泌されてしまいます。その結果ニキビができてしまうというわけです。

 

 

ですから、極端にいえば、ニキビを作らないためには
「毛穴に皮脂がつまらなければOK」ということになります。

 

 

 

■毛穴が詰まって中に、毛穴の中にアクネ菌と皮脂が閉じ込められる。この状態になるとニキビができるわけですね。

 

このような状態を避けるためにも、皮脂が過剰分泌される状況を避けなければなりません。そのために睡眠時間を長くする必要があり、食事の脂肪分を少し減らす必要があるわけです。

 

 

これで今までよりも遥かにニキビの発生を防ぐことができます。
尚、できてしまったニキビがなかなか治らなかったり、ニキビ跡が消えないときには、リプロスキンが効果的です。

 

 

ニキビ跡というのは、もはやアクネ菌や皮脂というのは関係なくなっているので、専用の化粧水を使ってケアするのが望ましいわけですね。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング