肉食とニキビの関係〜肉を食べないとニキビは治る?吹き出物改善

肉食とニキビの関係〜肉を食べないとニキビは治る?吹き出物改善

肉食とニキビの関係肉を食べないとニキビが治るか?

 

 

ニキビ改善のために、睡眠と同じくらい重要なのが食事です。

 

 

例えば、ナッツは脂肪分が多いので皮脂が増加してニキビができやすくなりますし、白いご飯は糖質なので、体内でエネルギーとして使われなかった分は、脂肪となり、これまたニキビができやすくなってしまいます。

 

 

 

■このように、食事とニキビの関わりは深いわけですが、本日は、 「肉食とニキビの関係性」について解説していきます。

 

当たり前ですが、お肉を食べるより、野菜を食べたほうがニキビができにくくなりますし、治りやすくなります。肉食は、皮脂を増加させて、毛穴が詰まるリスクが高くなるからですね。

 

 

ちなみに、ニキビを研究した参考文献などを読んでいると、 「動物性タンパクは皮脂を増加させニキビの原因となる」と書かれていたりしますが、動物性たんぱく質のすべてが悪いわけではないような気がします。

 

 

私の場合、霜降りの牛肉は肌荒れの原因になりますが、鶏のササミは肌荒れの原因になりません。これは、霜降り肉とささみの、「脂肪分の量」の違いによるものと思われます。

 

 

 

■まぁ基本的に、牛肉は体に悪く、鳥肉はヘルシー、というのは基本中の基本ですね。

 

 

ですから、ニキビを改善したいと思う場合、全てのお肉を拒絶する必要はないと考えます。

 

というか、お肉を全て拒絶して、完全に野菜中心の生活にしてしまうと、逆に便秘になってニキビができるということもあるわけです。

 

 

 

■お肉がニキビの原因になるのは、食べたお肉がスムーズに便として排出されず、腸の中に残ってしまうからです。

 

 

腸の中はあたたかく、そこにお肉が残ってしまうと、腐って毒ガスが発生するわけです。怖いですね。
この毒ガスが体内をめぐり、出口を探して毛穴から出てくるわけですが、その際に毛穴が炎症してニキビになったりするわけです。

 

 

 

■ですから、腸の中に、お肉が残らないようにしなければなりません。これはニキビ対策だけでなく、あらゆる健康の基本となります。

 

 

「肉食は体に悪い」というのは、肉を食べて便秘をすると、体内が毒ガスだらけになってしまうからなんですね。

 

 

下世話な例で言えば、「おなら」というのは本来、無臭で臭くないものですが、肉食をすると悪臭になるわけです。これも毒ガスですね。

 

 

 

■ですから、お肉を食べて、おならが臭いと思ったら、危険信号かもしれません。そのような時は肉を食べすぎなので、野菜の比率を増やします。そのまま放置しておくと、ニキビができやすくなってしまうからですね。

 

 

ということで、お肉は食べ過ぎると間違いなく便秘になりニキビの原因となります。

 

でも、完全にお肉を拒絶する必要はなく、白いご飯とお肉と野菜。このバランスをしっかりとって、かつ、腹八分目を心がければ、今までよりもずっと肌荒れは改善されていくはずです。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング