ニキビが治る食事・食べ物・食べ方〜炭水化物を減らす。野菜を食べる

ニキビが治る食事・食べ物・食べ方〜炭水化物を減らす。野菜を食べる

ニキビが治る食事は?

 

 

ニキビ肌にしないためには、新しいニキビを作らないことと、できてしまったニキビを早く治すことが重要です。

 

新しいニキビを作らないようにしつつ、今あるニキビをすぐに治すために必要なことは、 「睡眠」と「食事」です。

 

 

睡眠に関しては、長く寝れば基本的にはオッケーです。忙しい人はなかなか寝る時間がないかもしれませんが、ニキビを治すためだと思って、頑張って長く眠るようにしてください。

 

 

 

■さて、本日は、ニキビが治る食事について解説します。

 

ニキビを治すためには、食事が非常に重要です。軽度のニキビであれば、睡眠と食事だけ改善すれば簡単に治るケースも多いわけです。

 

では、食事はどのような食事をすればニキビができにくく、治りやすくなるのでしょうか。

 

 

 

■まず効果的なのが、炭水化物を少し減らすことです。

 

もちろん体質にもよるわけですが、炭水化物、つまり白いご飯をたくさん食べると、非常にニキビができやすくなります。

 

 

炭水化物は、体内で糖質に変わるので、甘いものをたくさん食べているのと同じ事になります。チョコレートをたくさん食べるとニキビができるように、白いご飯をたくさん食べるとニキビができるわけです。

 

 

 

■このようなことを書くと、日本人の女性は極端に走る人が多いので、急に白いご飯を全く食べなくなったりするわけですが、それはやめてください。

 

 

人体には最低限必要な栄養素というものがあるわけで、急に炭水化物をゼロにすると、元気がなくなってしまうし、不眠症になりやすくなるし、便秘にもなりやすくなるわけです。

 

 

不眠症になって便秘になると、これはもう間違いなく肌荒れしますので、炭水化物を減らすことがニキビ対策には重要ですが、炭水化物を減らしすぎると、これまたニキビができやすくなってしまうわけです。

 

 

 

■「中庸を行く」、という言葉がありますが、何事も極端にやりすぎるのは良くない。バランスをとって適切な範囲内で調整していくのが、ニキビ対策にはベストとなります。

 

 

私の基準でいえば.大体、お茶碗に、 60パーセントから70パーセントくらいの白米を食べます。そして野菜の比率を高くします。おかずは常識の範囲内であれば、なんでも食べても大丈夫です。

 

 

 

■私の場合は上記のようなバランスにすると、非常にニキビができにくくなり、治りやすくなります。このバランスは個人差がありますので、ご自分でいろいろなバランスを試行錯誤しながら、自分にとってベストな炭水化物の量を考えてみてください。

 

 

またこのような食事バランスの調整と同時に、リプロスキン(化粧水)を使えば、今あるニキビをかなり速い速度で直すことができますし、ニキビ跡も改善することが可能です。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング