ニキビを早く治す方法と薬〜吹き出物を早く治したい。炭水化物・白米を減らす

ニキビを早く治す方法と薬〜吹き出物を早く治したい。炭水化物・白米を減らす

ニキビを早く治す方法と薬引き出物を早く治したいときには。

 

 

ニキビは通常、肌のターンオーバーに従って、できてもすぐに治ります。しかし体質によってはできてしまったにきびが、かなり長引いてしまう人もいるわけです。

 

 

ニキビを長引かせると、悪化するリスクが高まり、ニキビ跡になってしまう確率も上がります。ですから、にきびはなるべく早く治してしまうのが得策です。

 

 

 

■さて、ではどうすれば、にきびの初期段階ですぐに直すことができるのか?

 

まずは当たり前ですが、 「睡眠時間を長くすること」これはもう基本中の基本ですね。

 

睡眠時間を長くすれば、自律神経が副交感神経 寄りになり、皮脂の分泌量も抑えられるので、ニキビが早く治ることになります。目安としては、 7時間以上、できれば8時間の睡眠ですね。

 

 

 

■寝不足の状態だと、ニキビが治りにくいばかりか、新しいニキビが次々にできてしまうということにもなり、どんどん肌が荒れてしまいます。

 

 

特に現代は、お仕事が忙しい人が多く、スマホの普及なども相まって、非常に睡眠時間が短くなっている人が多いです。

 

 

短い睡眠時間で、ニキビを治していくことはかなり難しいので、まずは何とか時間を作って、長く眠ることを心がけてください。睡眠時間が短くなると、皮脂が増加して、にきびが悪化したり、新しいニキビができてしまうからです。

 

 

 

■次に、ニキビを早く治すために重要なことは「洗顔をしっかりする」ということです。これも当たり前ですね。しかし、意外と洗顔をしっかりできていない人が多いです。

 

 

洗顔といっても別に難しいことはなく、寝る前にしっかりと洗顔料を使って顔を洗ってから寝る、というだけです。
意外とクレンジングだけして寝る人とか、顔を洗わないでそのまま寝てしまう人が多いのです。

 

 

 

■洗顔をおろそかにすると、あっという間に毛穴から菌が入り、ニキビができてしまいますので、寝る前には必ず洗顔フォームで洗顔してから寝るようにしてください。

 

 

ただ、ニキビがある部分を洗顔フォームでゴシゴシ洗うのだけは厳禁です。これをやるとニキビ跡が残るリスクがかなり高まってしまいます。

 

 

ですから、ニキビがある部分は、洗顔フォームの泡で優しく擦る位で十分です。

 

 

 

■ニキビを早く治す方法として、最後に「少食にする」というものがあります。

 

少食にすることは、ニキビを早く治すために、かなり効果を発揮します。

 

 

もちろん、必要最小限の栄養はとらなければなりませんが、ついつい食べ過ぎてしまう人など、腹八分目に抑えることによって一気にニキビが改善するケースが多いのです。

 

 

 

■特に、食事を野菜中心に切り替える事と、白いご飯などの炭水化物の量を少し減らすこと。この2点を改善するだけでニキビ治りやすくなりますし、新しいニキビもできにくくなります。

 

 

白いご飯は糖分なので、食べ過ぎるとすぐにニキビができてしまいます。ニキビができやすい、もしくは治りにくい人は、今までよりも少し、白いご飯を食べる量を減らしてみてください。

 

 

 

■以上のような要素を改善することで、ニキビが早く治るようになります。

 

これらの要素に加えて、リプロスキンという化粧水を使えば、ニキビが治るスピードをかなり早めることができます。

 

また、リプロスキンは、長引くニキビを治したり、ニキビ跡を消したりする効果もある化粧水ですので、一度、お試しください。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング