ニキビができやすい人〜すぐニキビができる人の肌の特徴。皮脂が多い。乾燥肌

ニキビができやすい人〜すぐニキビができる人の肌の特徴。皮脂が多い。乾燥肌

ニキビができやすい人〜肌の特徴

 

 

体質によって、すぐにニキビができてしまう人がいます。逆に、ほとんどニキビができないという人もいるわけです。果たしてこの違いは何なのでしょうか?

 

 

ニキビができにくい肌というのは、皮脂の分泌が適切であるということです。ニキビというのは顔の脂、つまり皮脂がつまって炎症することをいますので、皮脂が多い人は当然ニキビができやすくなるというわけです。

 

 

 

■ですから、ニキビができにくい人というのは、肌の水分量がしっかりとしていて潤いがあり、その潤いをコーティングするための皮脂も、少なすぎず多すぎず、最適な量の皮脂が分泌されている人ということになります。

 

 

逆に、ニキビができやすい人というのは、皮脂の分泌量がやたら多い人。あるいは、皮脂が多いのに肌の水分量が少ない人。皮脂と水分は全く別物です。オイリー肌だからといって肌に潤いがあるわけではないということですね。

 

 

 

■ですから、ニキビができやすい人が、ニキビのできにくい肌に生まれ変わるためには、肌の水分量を増やすことと、皮脂の分泌量を多くしすぎないことがポイントになります。

 

ではどうすればいいのか?

 

 

「睡眠と栄養バランス」です。
当たり前のことですが、この2つがニキビに最も影響を与える要素となります。

 

 

ニキビができやすいというのは、生まれつきの体質というのは多少あるのですが、それ以上に睡眠と食事という生活習慣によってニキビが引き起こされているケースが圧倒的に多いわけです。

 

 

 

■例えば、睡眠時間を短くしてみてください。翌日の顔の油ぎり方が半端ないです。つまり睡眠時間を短くすると皮脂が大量に分泌されるわけです。その結果当然ニキビもできやすくなります。

 

 

睡眠時間を短くすると、交感神経が刺激されて男性ホルモンが優位になります。そうなると男性ホルモンは皮脂を分泌させるホルモンですから、顔が油ぎってしまうわけですね。

 

 

 

■また、食事に脂肪分が多く含まれていると、皮脂の分泌量が増加します。つまり脂っこい食べ物をたくさん食べる人は、顔も油ぎりやすいわけです。そうなるとニキビもできやすくなるわけですね。

 

 

例えばピーナツをたくさん食べるとすぐにニキビができますが、これはピーナツには脂肪分がたくさん含まれているからです。ですからニキビを作りたくなければ、食事の脂肪分を取りすぎないことが重要となります。

 

 

 

■ニキビができやすくて悩んでいる人は、生まれつきの体質ではありません。睡眠と食事を改善することによってニキビができにくい肌にすることも可能ということです。

 

 

それに加えて、ニキビ対策用の化粧品を併用していけば、今あるニキビを最短で直すこともできますし、新しいニキビを予防することもできるというわけです。

 

オススメの化粧品については、当サイトの記事を参考にしてみてください。

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング