ニキビ痕の治し方【リプロスキン】 ニキビ予防〜日傘や帽子。光老化でニキビが悪化。顔を触るとニキビができる

ニキビ痕の治し方【リプロスキン】 ニキビ予防〜日傘や帽子。光老化でニキビが悪化。顔を触るとニキビができる

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

 

 

 

■ニキビ予防に、日傘や帽子が有効

 

 

太陽光、紫外線を浴びると、ニキビができやすく、ニキビが悪化しやすくなります。

 

紫外線を浴びると、角質が厚くなって、毛穴が詰まりやすくなるからですね。

 

 

ですから、ニキビが気になる人は、太陽の光をなるべく浴びないようにしてください。

 

帽子や、日傘は、美肌のためには常識ですが、
ニキビ対策にも有効なのです。

 

 

 

ちなみに、帽子・日傘の「色」は、紫外線をカットする「黒」がベストです。

 

また、帽子・日傘とあわせて、「UVカット化粧品」でメイクすることも重要です。

 

 

太陽光を浴びると、ニキビができることを、頭に入れておいてください。

 

 

 

■光老化でニキビが悪化する

 

 

光老化(フォトエイジング)とは、
太陽光を浴び続けると、活性酸素が発生し、
皮脂が酸化して過酸化脂質になり、肌にダメージを与えてしまうことです。

 

 

 

光老化は、紫外線による、「シミ・シワ・たるみ」の原因になることで有名ですね。

 

ただ、この光老化は、ニキビを悪化させることもわかっています。

 

 

酸化した皮脂が、顔についたままだと、ニキビができまくるのです。。。

 

 

ですから、汗や皮脂でメイク直しをする時は、
まず、酸化した皮脂を拭いてから、メイクをし直してください。

 

 

皮脂の上から、ファンデーションを塗りたくると、ニキビができたり、悪化しますので、要注意です。

 

 

汗をかいた日は、家に帰って、洗顔を忘れないこと。

 

汗をかいて疲れて、そのまま眠ってしまったら、ニキビができてしまいますよ^^;

 

 

 

■ニキビを治す洗顔料の条件

 

 

ニキビを治そうとする場合、皮脂をキレイにしようとして、
洗浄力の強い洗顔料を使う人がいますが、これはダメです!

 

 

洗浄力が強い洗顔料で、皮脂を取り除いてしまうと、
次に出てくる皮脂は、さらに大量の皮脂になってしまいます。

 

 

大量の皮脂は、ニキビの温床なので、肌に優しい洗顔料を使いましょう。

 

 

また、洗顔する時に、「ゴシゴシ洗い」は厳禁です!

 

しっかり洗顔料を泡立てて、「泡で洗う」のが基本です。

 

 

これは、ニキビに限らず、シミ・シワ対策にもなりますので、
優しい洗顔をする習慣をつけてくださいね^^

 

 

 

■顔を触るとニキビができる

 

 

顔を触るクセがある人は、ニキビができやすいです。

 

これは、「圧迫刺激」と言われるもので、
顔に接触する刺激によって、ニキビができてしまうわけですね。

 

 

いつも同じ部分にニキビができる!という人は、
顔を触る習慣や、フトンにもぐって寝る習慣、タートルネックなどをやめてみると、
ニキビが治ることがありますので、お試しください。

 

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング