あご・おでこニキビが治る化粧品薬【リプロスキン】

あご・おでこニキビが治る化粧品薬【リプロスキン】鼻パック良くない。化粧をしないで外出ニキビが悪化する

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

 

 

 

■鼻パックなどのピーリングは良くない

 

 

ニキビ肌に関係なく、鼻パックを頻繁に行うのはオススメしません。

 

毛穴パックをしすぎると、毛穴が開きっぱなしになり、
毛穴に汚れがどんどん溜まっていくため、逆に鼻の毛穴が目立つようになります。

 

 

 

古くなり、固くなった角質を強引に除去することを、「ピーリング」と言います。

 

「ピーリング」=「剥く」

 

 

つまり、無理矢理に剥がすということです。

 

これをやってしまうと、下から出てくるキレイなお肌が、ダメージを受けてしまいます。

 

 

古くなった角質は、毛穴の黒ずみになったり、見た目的には良くないのですが、
そんな角質が、肌の奥を守ってくれているわけです。

 

 

それを無理矢理はがせば、肌の奥がダメージを受けるのは当たり前です。

 

 

 

古い角質が残っているということは、
その下の新しい肌が、まだスタンバイできていないということです。

 

新しい肌がスタンバイできたら、古い角質は勝手にはがれますからね。

 

 

 

それなのに、無理矢理、古い角質をはがしてしまうと、
まだ幼い、新しい肌が準備不足の状態で出てきてしまうわけです。

 

 

 

特に、敏感なニキビ肌の人は、鼻パックなどのピーリングは避けた方がいいでしょう。

 

 

 

■化粧をしないで外出すると、ニキビが悪化する

 

 

すっぴん、ノーメイク。

 

これは外出には危険な状態です。

 

 

紫外線・排気ガス・ホコリ。。。

 

これらはお肌の大敵です。

 

 

ですので、外出する時は、ファンデーションでメイクした方が、ニキビを治すには良いです。

 

ただ、安いファンデーションなどは、「油」ががっつり配合されているものも多いです。

 

 

油がっつりファンデーションは、皮膚呼吸を妨げ、ニキビを悪化させることがあります。

 

なので、ファンデーションはなるべく

 

 

・固めていないパウダータイプのファンデーション

 

・リキッドタイプのファンデーション

 

・油が少ないタイプのファンデーション

 

 

が良いでしょう。

 

 

 

■肌を乾燥させても、ニキビは治らない

 

 

市販のニキビ薬や、ニキビ用の化粧品は、脱脂性といって
肌の油分を取り去る成分が配合されているものが多いです。

 

 

確かに、皮脂がニキビの原因なのですが、
だからと言って、皮脂を取り除いて、皮膚をカサカサにすればニキビが治るのか?

 

答えは、NOです。

 

 

 

皮脂を取ってしまえば、体は皮脂が不足していると判断して、
余計、顔は油ギッシュになります。

 

 

また、乾燥した肌は保護膜がないので、
ダメージを受けやすく、シミ・シワができやすくなります。

 

 

 

あと、保湿を目的として、顔に水をスプレーするような商品もありますが、
これは、顔から水分が蒸発する際に、
顔の水分も一緒に蒸発してしまうんですね^^;

 

 

ですから、逆効果。

 

余計、顔は乾燥してしまいます。

 

 

もう一つ言えば、保湿目的で、油を配合した化粧品も多いのですが、
これは逆に、皮膚呼吸の妨げになるので、ニキビができやすくなります。

 

 

 

ベストは、「体内から保湿すること」です。

 

水分をしっかり摂って、加湿器を使う。

 

洗顔後は化粧水を使う。

 

 

やるべきことは難しくなく、基本を忠実に守れば、ニキビは改善されていきます。

 

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング