お酒アルコールがニキビの原因になる。チョコレート・ケーキ・ドーナツ洋菓子外食・コンビニ弁当

お酒アルコールがニキビの原因になる。チョコレート・ケーキ・ドーナツ洋菓子外食・コンビニ弁当

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

 

 

 

■お酒・アルコールがニキビの原因になる

 

 

お酒は、適量なら体にすごく良いです。

 

が、飲み過ぎれば、過ぎたるは及ばざるがナントカ^^;

 

 

お酒を飲み過ぎると、ニキビができやすくなります。

 

これは、お酒を飲み過ぎると、

 

「中性脂肪」

 

が増えてしまうからです。

 

 

 

お酒には脂肪分は含まれてないのに、なぜ?

 

これは、体内に入ったアルコールを肝臓が分解する時に、
副産物的に、中性脂肪ができてしまうんですね。

 

 

この中性脂肪が増えてくると、代謝が間に合わず、
皮脂の分泌量が増えてしまうわけです。

 

 

 

それ以外にも、アルコールを飲み過ぎると、免疫力が低下するので、
ニキビの炎症が起こりやすくなります。

 

 

また、アルコールは血行が良くなる一方で、
皮脂の分泌も活発になります。

 

 

さらに、お酒を長時間飲めば、必然的に睡眠時間が削られ、
慢性的な睡眠不足になってしまいます。

 

 

 

ということで、お酒を毎日たくさん飲むと、ニキビができるのは、必然なんですね。

 

お酒は適量までなら、体に良いので、飲みすぎだけ気をつけましょう^^

 

 

 

■チョコレート・ケーキ・ドーナツはニキビができる

 

 

ニキビができる食べ物は、

 

「脂肪と糖分」です。

 

 

チョコレート・ケーキ・ドーナツをはじめとした洋菓子は、
脂肪と糖分が、がっつり入ってしまっているのですね^^;

 

 

 

チョコレート・ケーキ・ドーナツの脂肪と糖分も、
体に必要な、代謝できるまでの量なら、全く問題ありません。

 

 

が、エネルギーとして不必要な、多量の脂肪と糖分は、
皮脂を増加させ、ニキビができやすくなるんですね。

 

 

 

ですから、チョコレート・ケーキ・ドーナツなどは、
食べてもいいけれど、少量までにしておきましょう^^

 

 

 

■外食・コンビニ弁当は、ニキビができる

 

 

人体は、脂肪を摂りすぎると、それを体外へ排出するため、皮脂の量を増やします。

 

もうこの時点で、

 

「脂肪分を食べる=ニキビができる」

 

と言えます^^;

 

 

 

外食や、コンビニ弁当は、肉や揚げ物のメニューが多く、
こればかり食べていると、確実に脂肪過多になり、ニキビ性になります。

 

 

 

ただ、肉や揚げ物も、体に必要な適量までなら、食べても大丈夫。というか食べた方がいいです。

 

でも、外食やコンビニ弁当は、ボリュームがありすぎるんですね^^;

 

 

消費者は、ボリュームで満足度を決める部分が大きいので、
売る側としても、ボリュームを増やして売っているわけです。

 

 

なので、外食や、コンビニ弁当は、どうしても脂肪分を摂り過ぎてしまいます。

 

ニキビが治るまでは、なるべく自炊して、和食を心がけてください。

 

☆長引くニキビ(痕)が治る化粧水。詳細はこちらにまとめました

ニキビを治す化粧品について

【ニキビを治すコスメについて】


ニキビを治すには、生活習慣の改善と併せて、 「ニキビ改善用のコスメ」を使わなければなりません。


私が使っているニキビ改善用のコスメのオススメは、
リプロスキン』です。
その他、ニキビ改善コスメのおすすめランキングは、こちら
  ↓

ニキビを治すコスメランキング